ダイエットと食事の関係性
ホーム > ダイエットと食事の関係性

ダイエットと食事の関係性

食事を変えずに今まで通りで痩せることはできないのですか?

出典【筋トレでダイエット】より

ダイエットに関してよく聞かれることは質問です。
その答えは出来ます。
ダイエットの基本的な考え方として摂取カロリーとカロリー消費の引き算で消費カロリーの方が高ければ1日の中でカロリーがマイナスになるのでダイエットとして成立します。

ただ消費カロリーを常に超えていくのはエクササイズ強度、量をハードにこなさなければ効果が出ず、フルマラソンを走るためにトレーニングをしてる方で効果が出てる方はいますが、この方法で成功する方はごくごく少数であまり現実的な方法ではないかと思います。

現実的に痩せるためには食事の量を減らせばいいのか?

食事量を減らす方法は確かに短期的には効果は出やすいと思いますが、継続性を考えると現実的ではないかと思います。

ですので食事内容を変える、例えば脂肪になりにくいものを減らして、筋肉になりやすいもの、循環が良くなりやすいものを増やしていくのが現実的であると思います。

プロテインについて

トレーニング後30分以内を目安にたんぱく質を摂取すると筋肉の修復が早まっていい筋肉が育ちやすく、基礎代謝のいい身体に変えられます。
もし摂れるようであれば好ましいです。

ムキムキになりませんか?と質問を受けるのですが、相当な負荷トレーニングをしない限りムキムキにはなれません。
プロテインはいっても特殊な薬ではなく、ただたんぱく質のかたまりですので、その点は安心してください。
もし筋肉がムキムキになりすぎたなと思えばトレーニングの強度を下げればすぐに落ち着くと思います。


尾山台・等々力・九品仏・大岡山 IC2ピラティススタジオ
TEL03-6876-5036
お問い合わせhttp://ic2pilates.com/contact


ブログ