ピラティスの基本原則(気づき)
ホーム > ピラティスの基本原則(気づき)

ピラティスの基本原則(気づき)

人の習慣や癖のメカニズム

人の運動は意識していない時でも継続して行われるように学習されます。
動きは主に小脳系で学習されて、大脳皮質を介さない脊髄での反射の動きを含めて、思考とは別次元で非常に効率的に行い続けることが出来ます。
このような学習は、意思や自我の成立以前の幼少の頃から行われるものであり、理想的な姿勢などという想定のないとこで、本能的に、あるいは環境によって行われていきます。

この幼少期からの学習は、身体の左右差があったとしても、それを習慣化して学習してしまう危険性があります。
そうすれば頭の位置が中心からズレていても、これを普通のこととして覚えてしまいます。

感覚への慣れは正常な日常生活を送るには必須の能力です。過剰な情報入力から必要なものだけを選択して注意を向けることによって、混乱せずに物事に集中出来ます。
それがゆえに客観的に自己を把握することが出来ない場合には間違いのままに学習してしまうリスクをはらんでいます。

自分偏移を修正するためには、まず自分の状態に気づく必要があります。その気づきがなければ、修正の必要性が理解できないからです。
残念ながら感覚の慣れからは自分の状態に気づくことはとても難しいです。

ピラティスの原則の一つ気づきとは?

ピラティスの基本的な概念であるコントロロジーとは、自分のこと身体と意思を制御することです。
そうすることで無意識のものを意識して変革できるという考え方があります。

全てのエクササイズの基礎となる条件となります。


これがクリア出来ないと意図的な修正、改善が難しくなってきてしまいます。
自分の身体のフィードバックに対して意識を持っていけない状態では自分の無意義に対して介入することは不可能です。

違和感や痛み、伸張感、五感、平衡感覚、内臓感覚などの全てが情報への気づきのヒントになります。

気づく為のヒントととして、客観的な情報は大事です。 例えば写真や動画なども自分の状態を把握するためには有益です。
しかし日常の中には、鏡に写る自分を見るようなことはほとんどありません。
最終的には自分の内部の感覚であり、自分の基準を持つ必要があります。

そのために信頼できる人に客観的に動きを観察してもらい何度もフィードバックしてもらうことが大事だと思います。


尾山台・等々力・九品仏・大岡山 IC2ピラティススタジオ
TEL03-6876-5036
お問い合わせhttp://ic2pilates.com/contact


ブログ