ピラティス呼吸を用いたリラックス方法
ホーム > ピラティス呼吸を用いたリラックス方法

ピラティス呼吸を用いたリラックス方法

1/fの揺らぎとリラックス

1/fの揺らぎという言葉を聞いたことはありますでしょうか?
私が初めて聞いたのは歌手の宇多田ヒカルさんがデビューした時に彼女の歌声が1/fの揺らぎなので人を魅了するという内容です。
他にも美空ひばりさんも同じく1/fの揺らぎの歌声だそうです。

共通していることは聞きやすいというか安心感がある感じがします。

1/fのゆらぎはとは《規則正しい音とランダムで規則性がない音の間を指す》だそうです。

自然界にも存在していて、川のせせらぎの音や鳥のさえずりも1/fの揺らぎで、以外だったのは電車の揺れもその可能性が高いそうです。
電車で座っていて寝てしまうのには1/fの揺らぎの要素が関係しているのかもしれません。



ピラティス呼吸と1/fの揺らぎとリラックス

話はそれましたが、ピラティス呼吸を行なっているうちに身体がふわふわっと浮くような感覚と同時に身体の緊張が抜けていくことが多々あります。

その時は肋骨の動きをイメージしたり、横隔膜のイメージを持ったりしていて、さらに心臓の鼓動を内観すると色んなリズムが互いに重なり合ってきます。
このリズムがうまくマッチした場合に1/fが体内に起こり、心地よい感じになるのではないかと推測します。

運動する気が起こらない、デスクワーク後で首肩が辛いなどの時に寝る前にピラティス呼吸を通じて身体の緊張を緩めることをすると質のいい睡眠がとれると思います。

首肩コリが気にならなくて、リラックスしたい場合は腹式呼吸で同様な事をすることをお勧めします。
よりリラックス効果が高まるはずです。

個人的にランニングのクールダウンで等々力渓谷公園でよくやります。

またダイエットも睡眠はとても深い関連性があるので、眠りの質が悪いと感じたり、なかなか寝付けない方にも是非行なっていただきたい方法です。


尾山台・等々力・九品仏・大岡山 IC2ピラティススタジオ
TEL03-6876-5036
お問い合わせhttp://ic2pilates.com/contact


ブログ