ピラティス指導者向けワークショップ:腰痛へのアプローチ
ホーム > ピラティス指導者向けワークショップ:腰痛へのアプローチ

ピラティス指導者向けワークショップ:腰痛へのアプローチ

ピラティスエクササイズをさせる前の評価の仕方

多くの人が抱えている腰痛、この改善を訴えてピラティスを受講する方も多いと思います。
今回のセミナーでは基本的な腰痛に必要な解剖学、生理学はある程度知っているものとして進めて行きます。
受講希望で解剖、生理学が不安な方はネッターやカパンジーなどの本で基本的な部分を抑えてからご参加ください。

1.腰痛の訴えるへの視診、静的触診(骨盤帯、股関節、肋骨下部までのエリア)
2.モーションパルペーションを用いての可動域検査
3.表層組織を使っての全体のバランス確認とメジャーポイトンを絞り出す

実際に数人の身体を使って最初から最後までの流れを説明して、実技をしてもらいます。

メジャーポイントを定めた後にピラティスのエクササイズ選択をして、その後改善したかどうか、までを一つの流れとして行なっていきます。

開催日:2019年4月18日木曜日 3時間
場所 :等々力ピラティス研究会本部
料金: 20000円

※満員になりましたので、キャンセル待ちのみの受付となります。 尾山台・等々力・九品仏・大岡山 IC2ピラティススタジオ
TEL03-6876-5036
お問い合わせhttp://ic2pilates.com/contact


ブログ