出来ないことが悪い?
ホーム > 出来ないことが悪い?

出来ないことが悪い?

最近暖かい日が続く今日この頃ですね。

僕自身出来るだけ身体にまとわりつくのがあるのが嫌いなのでTシャツ・短パンで寝れるのは

ストレスフリーで快眠できます

小学校低学年のころ、兄に布団つぶしの刑にあっていらい狭い・窮屈なところはどうも苦手なんです

 

話は変わってピラティスのことです。

いつも疑問に思うことは【エクササイズが出来ないことはわるいこと?】

その人の身体が出来る状態でないにもかかわらず。やらせて、ひらすら修正をし続けているのをみることがあります。

そして出来なかった方に腹筋が足りない、腰が硬い、肩が上がる、、いろいろなことを伝えている。

その前にそのエクササイズは出来るからだなの?その前にやってもらう必要なエクササイズあるんじゃないかなって思うことがあります。

はた目からみてるとあたかも頑張ってやっているひとに対してあなたが悪いんです。って印象を受ける。

 

僕はインストラクターですが、定期的にピラティスのセッションを受けたりもします。

勉強のためと、自分の視野をひろげるために!!

それは自分が受ける側にたっても経験することです。僕は仮にもインストラクターなのでやらされるエクササイズは絶対無理があるだろうって、もっとレベル落としてって。だって自分の今の身体はこうでこうでこうでって。

心のなかで思う。たけどそれはなかなか言えないですよね!!!

 

なので自分が指導する側にたつときはすごく気を付けるようにしてます。仮に出来なくても原因は自分のエクササイズの選択ミス、受けている方の身体を観察しきれていないと思うように心がけてます。(もちろん修正は僕もします。その言い方、口調はとても気を付けてます。)

そうでなけれはインストラクターとして自分の成長は絶対はないと思っています。

 

尾山台・等々力・大岡山 IC2ピラティススタジオ

インストラクター 吉永 秀秋



ブログ