足の裏の無視は身体の改善を妨げる
ホーム > 足の裏の無視は身体の改善を妨げる

足の裏の無視は身体の改善を妨げる

最近はすっかり蒸し暑くなって、そろそろ夏が来るような気候になってきました

 

個人的には寒いより暑いほうが好きなのでだんだん温かくなっていくにつれてワクワクしてきます。

なのでよく冬になると沖縄・東南アジアに行ったことを目をつぶって想像して癒されるんです。

ホームページのスライドショーはそういうことが影響している写真になってます。

なので特別意味はなく完全に個人的な趣味ですね(笑)

 

さて足底の勉強をここ一年くらいちょこちょこしているのですが、勉強すればするほど足の裏の影響が

上半身へ伝わると感じます。

自分も足の裏のトレーニングをすることで股関節が使いやすくなったり、腰が柔らかくなったりと効果を実感するばかりです。

 

ピラティスのエクササイズのレパートリーは背骨・股関節へのアプローチエクササイズは多いけれども足底に関しては

少なすぎる感があります。そもそもピラティスで足底の評価方法を教えてもらったことも記憶にはないです。

 

立つ・歩くという生活のなかで一番の土台が足の裏、家で例えるなら地盤ですよね。

地盤の悪い建物は上がどんなに強固でも非常に不安定です。車のタイヤは運転するときには

タイヤの調子が悪くて運転しようと思うでしょうか?

 

もちろん、体幹も大事ですが、足の裏の機能が著しく低下していると上の体幹にも悪影響を及ぼします。

 

セッションの中で足の裏の機能を改善していただけるようにピラティスのエクササイズをうまく足の裏にも

意識をもっていただけるように心がけています。

 

尾山台・等々力・九品仏・大岡山 IC2ピラティスススタジオ 吉永 秀秋



ブログ