無意識化での腸腰筋の使い方
ホーム > 無意識化での腸腰筋の使い方

無意識化での腸腰筋の使い方

腸腰筋をどうやって使えるのか?よく質問される。 腸腰筋が使えてくると股関節がスムーズかつ着地の際に骨盤・腰椎が横にぶれにくいので純粋に前への推進力が出せる。

99%の確率でその場で感じてもらうことが出来る。(筋肉の反応が出ない方は婦人科系での疾患を伴っていることが多い)
そのあとすぐに日常動作(歩きや走り)で使えるのかというとまた違ってくる。

そこには腸腰筋を明確にビジュアライズして位置感覚をもって何回も繰り返し反復練習して初めて無意識のうちに使えていける。
その間使っているつもりで他の筋肉が混じって使われたり、他の筋肉と完全に間違って使ったり試行錯誤で習得していくものだと思う。

腸腰筋を無意識化で強度の高いランニングをし、腸腰筋が疲労や筋肉痛になるようになったのは実践し始めて1年はかかった。

使い方をよく分からないと言っても筋腹が太く、明らかに使われている方がまれにいるがとても羨ましい。。。 身体感覚がするどいダンサーの方の割合が多い気がする。


尾山台・等々力・九品仏・大岡山 IC2ピラティススタジオ
TEL03-6876-5036
お問い合わせhttp://ic2pilates.com/contact


ブログ